CODE-Vジェウォン脱退
日本人女性はブスでオタクで大嫌い
また大震災が起こればいい






日本で活動する韓国の男性アイドルグループ「CODE-V(コードブイ)」のメンバー、ジェウォンが元交際相手とのトラブルによってグループから脱退した。

アイドルの交際発覚やトラブルはよくある話。

しかしなぜ脱退? 

と思うのだが、どうやら背景には元交際相手による暴露があった。

トラブルが表面化したのは2013年3月20日のこと。
ジェウォンと一年ほど交際していたという韓国人女性は、ジェウォンにフラれた腹いせに、自身のツイッターやブログ(現在は削除)で彼との会話などを次々と暴露し始めた。

その内容は衝撃的だ。
彼女と推定されるブログには、不慣れな日本語で次のような主張が書かれていた。

「被害逃げだすのではなく、天国へ行ったうちの赤んぼうと私のご両親に謝らなければなりません。私の人生を利用して台無しにしたことも…。彼は日本が嫌いで日本人も嫌いで日本の女はブスでオタクみたいとファンの悪口をいい、コードブイが2011年3月11日の大地震が起きた福島に慰問公演に行き、うまくいくようになったと聞きました。3.11の東日本大震災のような地震がもう1度起こればいいのにと話す実際の内容です」(原文ママ)

どうやらこの女性によれば、ジェウォンの子どもを妊娠していたがなんらかの事情で産むことができず、その原因はジェウォンにあるとしている。
そして今のところジェウォンから、謝罪の言葉がないということのようだ。

また彼が日本も日本人も嫌いで、「日本の女はブスでオタク」と日本のファンの悪口を言い、「日本で東日本大震災がまた起これば良い」など問題発言をしていたと、ブログにつづっている。

なお、女性はジェウォンの問題発言が事実であることを証明するため、SNS上のやりとりも画像で掲載しており、発言は事実である可能性が高いと見られている。

所属事務所は3月28日、ジェウォンと契約を解除しCODE-Vの公式ブログを通じて日本のファンに謝罪。

しかし、この女性の怒りはおさまらないようでツイッターで発言を続けている。
事態の収束にはまだ時間がかかりそうだ。

CODE-Vは2012年に日本デビューを果たし、今年4月29日には大阪、5月4日には渋谷でのワンマンライブを開催する。

いま人気急上昇中のK-POPグループである。

最近は韓国よりも日本での活動に注力していたため、日本人ファンも増えつつある。

それだけに、今回明らかになった内容は、今後のグループの行方を大きく左右することになるかもしれない。

参照元:CODE-V OFFICIAL BLOG,fnnews(韓国語)

執筆:林由美


以下、公式サイトより。

CODE-Vを応援してくださる皆様へ

拝啓 早春の候 ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素はCODE-Vに対して、格別のご支援・ご声援を賜り厚くお礼申し上げます。

また、この度は、ジェウォンの件で多くの皆様にご心配をお掛けし、心より深くお詫び申し上げます。
さて、今月21日(木)、ジェウォンに対する処分が決定するまでの間、彼を謹慎させるとのご報告をさせていただきました。
その後、彼と事実関係を確認するための話し合いを重ねていく中で、彼自身から、今回の件で、ファンの皆様、CODE-Vの残りのメンバー4人、関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛けしてしまったことに対しての責任を取り、CODE-Vからの脱退および契約解除をしたいとの申し出がありました。

協議の結果、弊社として、彼の気持ちを重く受け止め、誠に遺憾ながら、本日付けで彼のCODE-Vからの脱退申し出を受理し、契約の解除をすることに決定いたしました。

今まで、彼を応援してくださった皆様には誠に申し訳ない気持ちで一杯ですが、今回の決定につきご理解を賜るとともに、今後は残りの4人で引き続きCODE-Vとして頑張って参りますので、引き続き、変わらぬご支援・ご声援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、オフィシャルファンクラブ、公式サイト、ワンマンライブ等に関する対応につきましては、現在鋭意調整中でございますので、決定次第ご案内申し上げます。

恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。

敬具

2013年3月28日

株式会社ドリーミュージックアーティストマネージメント
代表取締役社長 五十嵐 弘之



ANOTHER! COMNENT! 201304120030

 PUSH! 
←        →

MyPage
Powered By MOBALOG